繊細な現代人に襲い掛かるうつ病|不安定な心の症状を治すプロ

男性

苦しいうつを治療する方法

カウンセリング

一人で悩まない

人生においてよく降りかかる不条理な出来事や人間関係の問題が原因で発症するのがうつ病です。全世界で一億人以上の罹患者が出ていることからも分かる通り、誰しもうつ病になる可能性を抱えているものなのです。ガンや白血病などとは異なり、うつ病は病気の原因を取り除くことで治る場合もある病気です。例えば職場のパワハラで悩んでうつ病になった場合、休職したり転職することで病が完治する例もあるのです。うつ病治療において病気の原因を取り除く努力は欠かせません。またうつ病は神経伝達物質やホルモンバランスの問題から発症していることもある病気です。こうした身体のバランスは十分な休息と正しい生活習慣を維持することで守られるものです。もしも過労のせいでうつ病を発症している場合、患者自身が今過ごしている環境を整えて病を取り除くようにしましょう。うつで病院に通えば症状を緩和する薬は処方してもらえますが、目の当たりにしている問題を取り除かない限り完治は難しいものです。もしも心理的なストレスになっている問題に対して良い解決策が見出せない場合は、認知行動療法やカウンセリングを取り入れている病院を探しましょう。こうした病院であれば薬以外にもプラスアルファの治療を通して患者さんの状態を回復してくれます。また医師にも打ち明けがたい精神的な問題を抱えている場合は、患者さんのコミュニティに参加することも大切です。同じ病に苦しんでいる人達であれば、問題を適切に克服する上で価値あるコミュニケーションが望めます。

うつの種類を知る

うつ病を適切に治すためには、自身がかかっている病気の種類を知ってみましょう。多くの人達にうつ病として知られているのは「大うつ病」です。こうしたうつは抑うつ状態が一般的な症状として現れます。放置した場合は自殺に繋がる危険性もありますので注意しましょう。うつ病の中でも珍しく、抑うつ状態が初期症状として現れないのが「仮面うつ」です。こうした種類の病気にかかった場合、精神的な症状よりも先に身体的な症状が現れます。原因不明の微熱や手足の痺れなどに悩まされた場合は仮面うつを疑ってみましょう。特に自分自身はストレスとして認識していないけれどハードワークをこなしているなど、うつになりやすい状況の中にいる場合は注意が必要です。他にもうつ病の中で有名なのが双極性障害です。双極性障害にかかった場合、躁うつ症状が発生します。うつ状態だけであればうつ病として認識しやすいですが、活動的になる躁状態になる時期もありますので注意しましょう。双極性障害で躁状態になった場合、人と喧嘩してしまったり達成不可能な仕事に着手するなど精神状態が不安定な形で活発になります。患者さん当人が病として認識できない場合は周りの家族や友人が病院への通院を勧めることが重要です。どのような種類のうつ病にかかったとしても病院での治療は欠かせません。うつは脳内の神経伝達物質により起こる病とされていることからも分かる通り、患者さん自身の精神力だけではコントロールできないものなのです。症状を緩和して完治に導くためにも早期に医師の下へ行きましょう。