心の症状を治すプロがいる|うつ病疑うなら相談しよう

鬱病から起こる様々な症状
医師と患者

一人で悩まないうつの治療

専門的な見解が必要なうつ病治療は、医師と共に行います。個人的な問題からうつ病になってしまった場合、親身に話を聞いてくれる医師の下に足を運びましょう。うつ病を発病した場合抑うつ状態だけでなく様々な症状が発生します。自身が病にかかっているのか確認したい時はチェックシートを利用してみましょう。

悩む男性

適切な病の治療を行う

身近な人がうつ病になった場合、患者さん自身が症状を緩和するためにできることもあります。まず一番大切なのは休息をとることだと言われていますので、仕事を続けるべきかよく考えることが大切です。抑うつ状態は誰しも一度は経験することですが、そうした状態が長引いた場合はうつ病を疑うことが大切です。

精神を安定させる治療

悩むレディ

軽いうちに受診する

うつ病とは、精神的なストレスが原因で起きる心の病気のことで現代病の一つとして数えられています。仕事や人間関係、身近な人の死別など様々なものがきっかけとなって発症しますが、自分一人ではなかなか症状を改善させることが難しいとされています。うつ病は、心身のバランスを失い自分ではコントロールがきかなくなっている状態なので正常にコントロールが出来るように助けが必要になるからです。症状が軽いうちは、自分自身でうつ病だと思えないことや一時的なものだと考えて我慢する人が多いです。しかし実は、症状が軽いうちに早めに病院を受診した方が回復が早くなります。症状がかなり重くなってからでは、回復するまでにその分時間がかかるのでなんとなくでもうつ病かもと感じたらその時点で病院を受診すると良いです。精神疾患を扱う病院であれば、どの病院を受診しても良いですが、多くの場合は定期的に通院が必要となるので自分が通いやすいと感じる立地にある病院を選ぶと良いです。他に治療中の疾患があれば、総合病院や大学病院に行くようにすると色々な科があるので同時に治療が受けられます。現代では、うつ病を発症する人が多く、子供からお年寄りまで年代関係なく心の問題と向き合う為に病院を受診しているのです。自分がより楽に過ごせるようにする為に治療を受けまています。根気良く治療を続ければ、うつ病はいつか治すことが出来る病気なので焦らず地道に通院を重ねて徐々に症状を改善させていくことが完治への第一歩になります。

問題と向き合う力を養う

うつ病の症状のパターンには主に二種類あり、一つは精神的な症状が出るもので、もう一つは体に症状が出るというものです。また心にも体にも症状が出る場合もあります。精神的な症状も主に三つに分けられ、一つは思考が低下して集中力が落ちて考えがまとまらなくなったり反応が鈍くなることもあります。二つ目は、感情が不安定になることで悲しくなったり死を考えたり理由もなく憂鬱になったりします。三つ目は意欲の低下で、何もかも行動を起こすのが面倒くさくなり何もやりたくない無気力な状態になります。身体的な症状としては、休んでも疲れが取れず食欲が出ない、頭痛や腹痛、体の凝りが酷い、めまいや耳鳴りがするといったものがあります。これらの症状は、少し疲れやストレスが溜まっている時であれば誰でも一時的に感じるものでもあるので一概にうつ病であると言えません。しかし、何日も続くような場合や、会社でも家でも同じように症状が出る場合はうつ病の可能性が高くなります。うつ病の治療は、基本的に薬物療法か休養を取ること、思考力を養うトレーニングの三つがあります。体の症状が強い場合は薬物による治療が行われますが、休養を取りカウンセリングを受けるだけでも良くなる場合もあります。特に、思考力を養うトレーニングを行うことで自分の心の問題と向き合う力を身につけることが出来れば、徐々に治療を受けなくても良くなるケースが多いです。新しく思考力を養うことで、ストレスを感じたりトラブルに見舞われても上手く回避できるようになります。

カウンセリング

苦しいうつを治療する方法

根本的にうつ病を解決するためには病気の原因を取り除くことが大切です。そのために環境を変えるだけでなく、症状を緩和する認知行動療法などを受けると良いでしょう。うつ病には複数の種類が存在しています。治療を適切に進めるためにも自分がかかっているうつの種類を正しく認識しましょう。